andropenis
使い方は本当に簡単!
それは簡単で、控えめである – 心の中であなたの快適さとプライバシーを使用して設計。

臨床研究に基づいた使用方法: BJUI

ペニス増大研究

「ペニス増大は本当に可能なのか」、「どれくらい増大することができるのだろうか」などと疑問に思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

アンドロメディカルでは、医学的、科学的に効果を確証することに力を入れています。ただ単に、予測されるであろう効果を謳うのではなく、実際に行われた研究を元に、効果などの情報を提供させていただいています。アンドロメディカルでは、研究などで確証されていない効果についての情報は提供させていただいていませんので、ご安心ください。

お客様に信頼され、いっそうのご満足・安心感を得ていただけるよう、研究内容の概要を当サイトより直接ご覧いただけるようにさせていただきました。PDFフォーマットをダウンロードすることで、全容をご覧いただけます。

アンドロメディカルでは、研究者の名前やどこで行われたかなど、詳細が書かれていないものは効果を証明するために使用するべきではないと考えています。そのため、当サイトで提供させていただいている研究内容では、研究者や研究が行われた場所、日付、どの医学学会で発表されたのか、どの医学雑誌に掲載されたなどの詳細をすべてご確認いただくことができます。

数多くのリサーチを行うことで、効果が十分に検証されているアンドロペニスの有効性は、国際医学会で発表され、多くの医学雑誌にも掲載されています。

テストに協力、参加していただいた医師の方々からも、アンドロペニスの効果について、とても高い評価をいただいています。アンドロペニスなど、 アンドロメディカルの製品 は、性生活を改善したいと思っている方に安心してご利用いただけます。

ペニス増大器具」について

本当に安全!
臨床研究に基づいた安全性 PubMed

手術やサプリを使わずにペニスのサイズアップ (PubMed)

ペニス増大研究

BJUI study

「小さいペニス」の治療におけるペニス増大器具使用の”効果”と認容性テスト

国際泌尿器科イギリスジャーナル, vol. 103, nr. 6, 3月 II 2009年
P. Gontero, Massimiliano Di Marco, G. Giubilei, Riccardo Bartoletti, G. Pappagallo, A. Tizzani and N. Mondaini.
Dipartimento di Discipline Medico Chirurgiche, Urologia 1, サン·ジョヴァンニ·バッティスタ病院、トリノ大学、トリノ イタリア
2008年7月

結論:

ペニス増大器具を使った治療は、小さいペニスに対して、負担が少なく、効果的である。

esm lisbon study

性腺機能低下症患者のペニス増大治療

第10回ヨーロッパ性医学会会議(ESSM)、リスボン、ポルトガル 2007年
M.M. Sokolschik, R.Y. Petrovich, S.V. Gagarina, Ya.A. Vaziev, I.V.
モスクワ、ロシア
2007年

結論:

6か月間にわたり、44名の患者(性腺機能低下症患者、ミクロペニス患者)にアンドロペニスをホルモン療法と併用してし使用していただいた結果:

ホルモン療法とアンドロペニスの治療を終えた後の検査で、平均で2.5cmのペニス増大(勃起時)
ホルモン療法終了後にアンドロペニスのみを使用し、治療を続けることでさらに4.5cmのペニス増大、平均合計6.5cmのペニス増大

first gomez study

手術なしでのペニス増大

第一回仮想性科学とイスパノアメリカの性教育議会(2001年2月)
Dr. Eduardo A. GóLmez de Diego.
Andrology Service, Biomedical-Estética クリニック、マドリード(スペイン)
1998年

結論:

アンドロペニスのような外部ペニス増大器具器の使用は、勃起時と弛緩時の両方で、ペニスの長さを増大させます。弛緩時と勃起時、両方における長さの増大は使用時に正比例し、その増加率は患者の元のサイズには関係しません。また、ひと月あたりの長さの平均成長率は95%の患者の勃起時において0.4173~0.5495cmで、勃起時では0.4283~0.5163cm。勃起時のペニスの長さの変化率は、異なりがちな弛緩時よりも一定しており、患者の年齢に相対するものではありません。また、ペニス牽引器の使用は、勃起時と弛緩時の両方においてペニスの太さを増加し、ひと月あたりの太さの平均成長率は95%の患者の勃起時において0.6111~1.0200cmで、勃起時では0.6386~1.0425cmでした(治療期間は3~6ヵ月)。

study dr li

手術なしでのペニス増大

牽引力によるペニス増大とペニス伸張効果

Z Lee, XB Zhu, YD Liu, WJ Ye, YX Wang.
アンドロロジー上海研究所、レンジ医療病院、上海交通大学(上海、中国)
2001年

結論:

ペニス増大器具はペニスを引き伸ばし、その長さと太さを増大する効果があり、副作用のない安全な治療法であることが実証されています。

impotence study

ペニス増大研究 – 「小さい陰茎」に毎日牽引力を加えて得られる、ペニス増大効果

第五回ヨーロッパ性医学と勃起不全研究会議 (ESSIR)、ハンブルグ、ドイツ2002年 12月1日~4日
勃起不全研究国際医学誌 (第14巻, sup. 4, 2002年12月)
Colpi G.M., Martini P., Scroppo F.I., Mancini M., Castiglioni F.
男性医学科 サンパウロ病院-ミラノ大学、ミラノ、イタリア
2002年12月

結論:

私達のデータによると、牽引力を加える治療法が、小さい陰茎を増大させるのに効果的であることが証明されました。

Androextender
今ならたったの14800円
Andropenis Gold
今ならたったの24800円
Andropenis Gold Premium
今ならたったの29800円

アンドロメディカルのメディカルサポート

Customer service
Assistance en direct
Atención al cliente
Assistenza On line
Kundendienst
клиенты
カスタマーサービス
خدمة الزبائن

USA 800-246-1387

Canada 800-246-1387

Mexico 01-800-099-0391

Brasil 11-3957-0554

Türkiye 1-809-494-234

Israel 0212-414-1744

الإمارات 519-4440-8000

العربية السعودية 4042-844-800

South Africa 0-800-980-322

UK 0808-189-0326

Deutschland 030-30806288

Nederland 020-241-0955

France 0800-910-078

Suisse 043-508-20-09

España 911-981-740

Italia 02-9475-0304

Ελλάδα 21-1198-1820

Česko 228-880-922

Australia 1-800-002-619

India 011-47110-711

日本 0800-888-2609

Sverige 08-525-034-07

Norge 21-98-38-79

Suomi 09-42450365

Danmark 89-88-10-97

Polska 22-307-11-96

World +1-646-568-7796

13 + 2 =

アンドロメディカルは
Andromedical America-Asia
410 Park Avenue, 15th Fl, New York, NY 10022, USA
Andromedical Europe-MEA
6 Gran Vía, 28013 Madrid, Spain
のISO andromedical
アンドロメディカルは、国際標準機構のISO 9001:2008 (品質マネジメントシステム)と 13485:2012 (医療機器製造マネジメントシステム)、 10993(生体適合性マネジメントシステム)の認定を受けています。当社の医療機器は、自由販売証明書
アンドロメディカル</strong>は20年
アンドロメディカルは20年以上の経験を持つ泌尿器科に特化した医療会社です (欧州連合健康ライセンス アメリカ合衆国健康ライセンス)。

われわれは、品質・効果・安全を目指します。

免責事項
当ホームページで掲載されている効果とは、連邦取引委員会(FTC)の定めるガイドラインに則り、あくまで『一般的に予想し得る効果』を意味し、ある特定の場合における一定以上の効果については、該当の臨床実験を併記して記載しています。効果は個人差がございます。当ホームページで紹介されている商品に関する情報および表現は米国食品医薬品局(FDA)による審査を受けておらず、いかなる疾病に対しても診断、治療、治癒、あるいは予防を意図したものではありません。服用前に必ず注意事項を読んでください。アレルギーをお持ちの方や、現在使用中の薬や治療との組み合わせについては専門医やかかりつけの医師にご相談ください。