androsurgery

はい! より良い手術結果!

シンプルで効果的なペニスの短縮防止 (JSM=PDF)

ペニス手術

手術には、どんな時でも”傷跡”がつきものです。しかも治癒過程において、その傷跡は時間の経過とともに拘縮(こうしゅく)、いわゆる”ひきつり”を起こしてしまいます。実際、拘縮という現象は傷あと部分だけに起こるのではなく、その周辺にさえも、少なからず影響を及ぼします。通常、この瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)が問題視されることはありませんが、ペニス手術には、この瘢痕拘縮がペニスのサイズにネガティブな影響を及ぼすことがわかっており、適切な対応が必要となります。アンドロペイロニー(サージャリー版)は、瘢痕拘縮によりペニスが手術前よりも短くなってしまうことを予防し、 性生活に悪影響を与えないようにするための器具です。

アンドロペイロニー(サージャリー版)はペニスの手術後にご利用いただくための製品です。

瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)を引き起こす可能性があるペニス手術:

andropeyronie display
  • 前立腺がん手術(病期T1-T2)
  • ペニスの湾曲矯正手術
  • ペロニー・ペニス湾曲 治療手術(科学研究によると、ほとんどの場合で最大3cmまで短縮すると言われています) according to scientific studies ).
  • ペニスの外傷手術
  • 尿管切開術
  • 長茎手術
  • 整形手術
  • 尿失禁、膀胱癌や膀胱外傷治療のための手術

これらの手術はいずれも、術後に瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)が起きる、つまり”ペニスが短くなる”可能性が指摘されています。アンドロペイロニー(サージャリー版)は傷あとを塞ぐために縮もうとする傷跡に対し、外側から牽引力を加えることで瘢痕拘縮を予防します。いくつかのケースでは、アンドロペイロニー(サージャリー版)の使用によってペニスの短縮を防ぐだけでなく、目に見える形で ペニスの増大が見られています。

ペニス増大, 外科手術: ペニスと恥骨を固定している靭帯を切断し、緩め、体の中に埋もれている部分のペニスを引き出して再固定します。これにより最大約1.5cm (karger )のペニス増大が可能ですが、瘢痕収縮によりペニスが縮む可能性や成功率の低さなどのデメリットがあります。
多くの外科医が術後に瘢痕収縮でのペニスの縮みを防ぐため、アンドロペニスなどの牽引器具の使用を勧めています。

術後研究

アンドロペイロニー(サージャリー版)は、術後の ペニスの治療としてご利用いただけ、男性医学において、外科手術に代わる推奨医療治療法の選択肢となりつつあります。また、手術では治療できない場合にもアンドロペイロニー(サージャリー版)が役立つ場合があり、科学文献においてもペニスに一定の力を保ちながら外側に引き出し牽引をすることで、瘢痕収縮を防ぐことができると示されています。

ペイロニー病手術後の陰茎短縮の管理

ヨーロッパ男性医学泌尿器学会(ESAU)とーロッパ生殖-泌尿器再建外科(ESGURS)、2007年10月。第10回ヨーロッパ性医学会議(ESSM)、2007年11月25日~28日。リスボン会議センター、リスボン、ポルトガル
性医学術誌、2005年 補足1
Moncada, I.; Jara, José; Martínez-Salamanca, J.I.; Cabello, R.; Hernández, C.
グレゴリオマラニョン病院泌尿器科、マドリッド、スペイン
2004年12月

結論: ペロニー病手術患者において、ペニス牽引器具を1日あたり8~12時間使用することは、ペニスの短縮を最小限に抑える安全かつ効果的な方法です。また、コントロールグループに比べ、その使用はHRQOLの成果に対する有意な改善を提供します。

PDF

ペロニー病手術後の陰茎短縮の管理

ヨーロッパ男性医学泌尿器学会(ESAU)とヨーロッパ生殖-泌尿器再建外科(ESGURS) 2007年10月25日モンカダ医師、マドリッド、(スペイン)
第10回ヨーロッパ性医学会議(ESSM)。モンカダ医師、2007年11月25日~28日。リスボン会議センター、リスボン、ポルトガル

結論: 私達の研究では、ペニス牽引器(アンドロペニス)の継続的使用はペロニー病の手術後患者のペニスを最長にする安全かつ、有効的な方法であることが実証されました。コントロールグループと比較した場合、パラメーターに改善が見られました。

PDF

陰茎形成術(約2cmの切開)

Current Urology 2007年:補足1:174ページ~178ページ。
V. Protogerou (1)(2) S. Anagnostopoulou (2) J. Varkarakis(3) D. Venieratos(2) K. Konstantinidis(4) A. Kostakopoulos(1)(3).
イアソ総合病院泌尿器科(1)、アテネ医科大学解剖学科、アテネ大学(2)、シスマンゴリオン病院第二泌尿器科、アテネ大学(3)、アテネ男性医学研究所、アテネ大学、アテネ、ギリシャ(4)。
2007年10月

結論: 私達の技術が瘢痕を最小限に抑え、アンドロペイロニー(サージャリー版)の使用によって陰茎短縮を防ぐことができます。

PDF

静脈移植に代わる陰茎湾曲、ペロニー病の術後治療法

第20回 イタリア男性医学会議、カプリ、(イタリア)、2003年10月。ESSIR会議、イスタンブール、(トルコ)、2003年11月。
Diego Pozza, Claudio Barteri, Antonio Aversa, Carlotta Pozza, Francesco Barrese.
Studio di Andrologia e di Chirurgia Andrologica、Nuova Villa Claudia私立病院、ローマ、イタリア
2003年11月

結論: 海綿体薄膜から繊維製プラークを外し、静脈を移植する手術は、とても困難な手術です。ホスホグルコースイソメラーゼを使用することで微小循環系の増加を抑制し、陰茎牽引器具を使用することで、さらに瘢痕拘縮を予防し、手術の結果をより効果的にします。

PDF

尿道上裂外科手術後の陰茎発育不全の陰茎牽引器具治療

XXI SIA地区(イタリア男性学会)国際会議、トリエステ、イタリア、2004年9月23日~26日
F.I. Scroppo, G. Piediferro,C. Grugnetti, F. Castiglioni e G.M. Colpi.
男性医学科 – サンパウロ病院 – ポロ大学、ミラノ、イタリア
2004年9月

結論: 陰茎牽引器具はペニスの先行手術患者への陰茎伸張の有効な方法と思われます。

PDF

ペニス増大: 単一または複合技術

第2回イベロアメリカン泌尿器科会議、2003年12月
Cos Calvet JM, Uría J, Puigvert A
2003年12月

結論: 25人の患者に実際に使用していただきました(中にはその他の治療と併用された方もいます)。 平均増大結果は5cmで、ほとんどの患者が得られた結果に満足していました。

PDF

特発性の小さい陰茎」の治療選択肢

第7回ヨーロッパ性医学会議(ESSM)、ロンドン、イギリス、2004年12月5日~8日
Paolo Gontero, Nicola Mondaini*, Bruno Frea.
ピエモンテオリエンタル大学泌尿器学科、イタリア *フィレンツェ大学泌尿器学科、イタリア
2004年12月

結論: 陰茎天下手術は科学的な背景より個々の意見が多く、物議を醸す問題になっています。私達の意見では、保守的な陰茎伸張法の分野でよりオープンな意見がされるべきと考えます。理論的に、陰茎伸張器が提靱帯伸張手術より成功する可能性が低いと考える理由はありません。さらに、このような非侵襲的なオプションによって、治療を適応させる機会を大幅に広げることができます。

PDF

専門家の証言

“Today, amongst several techniques to enlarge the size of the penis, the most efficient and so far the safest is the technique…”

Dr. Ignacio Moncada

Chief of the Urology Unit at the Gregorio Marañon Hospital of Madrid, Spain.

“One of the ethnic groups that is most affected from and worried about the size of the penis is the Asian male population…”

Dr. Ismail Tambi

Consultant Clinical Andrologist, Reproductive and Sexual Health Specialist Men's Health Clinic Damai Service Hospital, Malaysia

Andropenis Mini

今ならたったの24800円

Andropeyronie

今ならたったの24800円

Androsurgery

今ならたったの24800円

アンドロメディカルのメディカルサポート

Customer service

Assistance en direct

Atención al cliente

Assistenza On line

Kundendienst

клиенты

カスタマーサービス

خدمة الزبائن

USA 800-246-1387

Canada 800-246-1387

Mexico 01-800-099-0391

Brasil 11-3957-0554

Türkiye 212-8889045

Israel 1-809-494-234

الإمارات 519-4440-8000

العربية السعودية 4042-844-800

UK 0808-189-0326

Deutschland 030-30806288

Nederland 020-241-0955

France 0800-910-078

Suisse 043-508-20-09

España 91-198-17-40

Italia 02-9475-0304

Ελλάδα 21-1198-1820

Australia 1-800-002-619

South Africa 0-800-980-322

日本 0800-888-2609

Sverige 08-525-034-07

Danmark 89-88-10-97

Polska 22-307-11-96

Česko 228-880-922

World +1-646-568-7796

15 + 14 =

アンドロメディカルは

Andromedical America-Asia

410 Park Avenue, 15th Fl, New York, NY 10022, USA

Andromedical Europe-MEA

6 Gran Vía, 28013 Madrid, Spain

のISO andromedical

アンドロメディカルは、国際標準機構のISO 9001:2008 (品質マネジメントシステム)と 13485:2012 (医療機器製造マネジメントシステム)、 10993(生体適合性マネジメントシステム)の認定を受けています。当社の医療機器は、自由販売証明書

アンドロメディカル</strong>は20年

アンドロメディカルは20年以上の経験を持つ泌尿器科に特化した医療会社です (欧州連合健康ライセンス アメリカ合衆国健康ライセンス)。

われわれは、品質・効果・安全を目指します。

免責事項
当ホームページで掲載されている効果とは、連邦取引委員会(FTC)の定めるガイドラインに則り、あくまで『一般的に予想し得る効果』を意味し、ある特定の場合における一定以上の効果については、該当の臨床実験を併記して記載しています。効果は個人差がございます。当ホームページで紹介されている商品に関する情報および表現は米国食品医薬品局(FDA)による審査を受けておらず、いかなる疾病に対しても診断、治療、治癒、あるいは予防を意図したものではありません。服用前に必ず注意事項を読んでください。アレルギーをお持ちの方や、現在使用中の薬や治療との組み合わせについては専門医やかかりつけの医師にご相談ください。